サイトマップ   お問合せ

*RockyRaccoon   - 仙台のメンズセレクトショップです。通販も承ります。


  shopping | blog | contact | sitemap | link
 ※ 通信販売について

superNova. 2019 Spring&Summer Start!!!!!
待望のsuperNova. 2019 Spring&Summer がスタートです!




時間がないので早速ご紹介を始めないと、、。

今回の入荷分は、毎回間違いないシャツ類でした。

まずはこちらのモデルから。


Big Shirt 弐 Gabardine White, Gren Check Beige


















お得意のBigシャツシリーズ。

こちらは胸ポケット排除仕様のBig Shirt 弐。

ホワイトはギャバ。

グレンチェックはレーヨン×テンセル。

共にしなやかでとろみのある質感豊かなファブリック。


シルエットがこうなので、動作にあわせてゆるりと揺れる、

行動して更なる雰囲気が増すかのようなそれ。


春夏アイテムですが、年間着れるでしょうねー。

兎に角そんな持っていて損のないであろう逸品。

是非貴方のワードローブへ加えてあげてください。


そしてもう1品番がこちら。

Double Pocket Big Shirt Cupra Olive,Wine,Black






















名前の通り両胸の大きめなフラップ付きポケットが特徴的な当モデル。

前出のBig Shirt 弐はラウンド裾に対し、こちらはフラット仕上げです。

素材はキュプラを採用。

やはり前出のBig Shirt 弐で使用されるギャバやレーヨンテンセル同様、

しなやかな雰囲気は似ていながらも、艶やか印象が強いです。

オリーブ、ワイン、ブラック、と

どれにしようか早速迷ってしまう色展開も魅力。

素材選択も手伝い、色味が大変美しくしっとりと表れています。


両品モデルともに台ナシ襟。

トップボタンを閉めるのも良いですが、開けて開襟も楽しめます。


現代っぽさをの中に渋いアメカジ感も忘れないスーパーノバ。

そのアメカジ感の落としどころのセンスが僕は好きです。

是非広い世代に楽しんでいただきたいな、って思います。


そんなsuperNova.、気になる方は是非チェックしてみてください!

superNova.←Click!!!!!


昨日今日辺りの仙台は、なんだかまた冬に寄ってしまった感が否めないですが、

明日からはまた数日前のような気候に戻ると天気予報は言っていました。

この週末にかけ、お時間が許される方は是非店頭へ覗きに来てくださいねー!


それでは!

*RockyRaccoon

*RockyRaccoonTwitter←Click!!!!!

*RockyRaccoonInstagram←Click!!!!!


| http://rockyraccoon.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=917 |
| *NEWS | 04:01 PM | comments (x) | trackback (x) |
NICHOLAS DALEY


ニコラス デイリー(NICHOLAS DALEY)は、ロンドンに拠点を置くメンズファッションブランド。

2015年春夏よりデザイナーのニコラス・デイリーがスタートさせた。

デザイナーのニコラス・デイリーは、1990年生まれ。

2013年にセントラル・セント・マーチンズを卒業し、サヴィル・ロウでの勤務経験を経て、2015年自身の名を冠したブランド「ニコラス デイリー」をスタートさせた。

イギリスで生まれ育ちながら、ジャマイカ系の父親を持つジャマイカ系イギリス人のニコラス。

自身の生活環境や生い立ちから得た経験、インスピレーションをもとにデザインされた洋服は、民族的な要素も持ち合わせる。

母親がスコットランド人、父親がジャマイカ人、そして母国はイギリスという特殊な環境で育ったことに感謝を示し、モノ作りにおいて、さまざまな民族が持つカルチャーをミックスする視点が大切だと話している。


今シーズンである2019 Spring&Summer のテーマは「SLYGO」。

今シーズンに限らず、レゲエ、ジャズ、スカを中心に(音)(音楽)がインスパイアソースの根源であることは

彼が作る洋服の表情そのものから感じれるそれでしょう。

一着一着、いちいち匂い立っています。

長く洋服に携わっていますが、ここまで無骨にそこを形に出来ていたブランド、ほぼ記憶にないです。

そこへ英国特有の情緒あふれるあの空気。

それが見えて感じれる方には堪らないはず。


彼はまだ若いです。

だからこそ嬉しいくらいに自分に正直でストレートにきます。

マーケットでの売りやすさとか、絶対気にしていないと思います。

でも、僕はそれでいいと思っています。

見渡せば、そんな彼とは逆の目線や意識で形にしているプロダクトだらけに見えます。

きっと僕はマイノリティなので、それが美しくは映りません。

ハナから偽りだらけの嘘をつかまされるより、厳しくても正直なモノの方が人へ渡しやすいし、何より自身がそれを望み、好んでいます。



既に追いかけてくださっているフォロワーの方ならば、彼の作る洋服の基本骨格はそろそろ見えてきていると思いますが、

(これだ!)というブレないベースデザインがある中、

シーズンシーズンで打ち出すファブリックの印象で見栄えが大きく変わる楽しさ、

そこに個人的にはドキドキしています。

皆さんはどうでしょう?

ただ好き、とシンプルに付き合えたらそれはそれは楽なのですが、

僕にとってはビジネスパートナーである側面も併せ持ちます。

お店で売ってるんですからね。

そうなると、既にお付き合いいただいている、もしくはこれから出会う、そんなお客様方の捉え方も相当重要です。

そこが(通らなきゃ)当たり前にダメ。

もちろん(通す)のが僕の仕事なんですけどね。

厳密には(通させていただく)んです。

皆さんの温かくも勢いとセンスあるその力を借りて。


先シーズンはブリスベンモスを筆頭に、ガシッとした無骨なファブリックの応酬でした。(季節もあるでしょうけど)

そんな無骨系ファブリック、大半の洋服好きな男性の方は皆初見にて(おーっ!)と感嘆してくれました。

正直自信がありました。(そうはいえ自身の中で沸き立たせる自信なんて、なんの確証も無いかなり危ういもの。続きをどうぞ。)

皆んな最初こそ驚いたり引いたりしちゃうんだろうけど、うちのお客さんならば絶対気になってしまうだろう、と。

ニコラスは決して安い服ではないので、謝りながら売っています。


おかげさまで先シーズンは想定(それ自体が低め設定ですけど汗)以上にお客様が結果をくださりました。

嬉しかったです。


洋服屋っていうのは時に難しくて、

前にもここで話したことがあるかもしれないけど

仕入れとは半年以上前にその仕事を終えているそれが当たり前。

その流れの元、一番恐ろしいのは

初回の取扱い時、そのシーズン分の販売を店頭にて経験しないままに(未入荷時ってこと)、次期シーズン分をバイイングする

ということが多々あります。

インポートあるある、でしょうか。

そこでニコラスの価格帯。

ウチの中でも色んな(角度)で(高い)位置。

その圧倒的不安定要素の塊でしかない中で仕入れタイミングを迎えた日っていうのは、

例えづらいですけど

企てた犯罪を犯す前、(近いんだけどそれはダメ)

辛うじて出掛けたものの途中で家に引き返し、見もしないテレビを点けてボーッと温かい飲み物と甘いものでも食べていたい衝動に駆られる、とでもう言うのでしょうか、

余裕も自信も当たり前に無いんです・・・。

当たり前ですよね、ギャンブルにも程がある。

その場の話ならば新装開店のパチンコ屋に朝から並ぶ方々の方がよっぽどその時点での勝ちの確率が高いでしょう。


何にしても、(馬鹿)だから出来ることってあると思っています。

読んだことはありませんが、賢い人や不器用な人がこぞって「鈍感力」を読みました。

そういうことなのかなって。(違うか)


(勢い)って大事ですよね。

年齢を重ね、経験を積めば積むほど、勢いって失われていく気がします。

反面、理詰めからくる答えは昔より遥かに出せるようにはなるんでしょう。

環境や立場によって、そこは人それぞれなところ満載なのでしょうけど

僕がやっているのはファッション。

学んだり感じたり経験したりすればするほど、つくづく(理屈じゃないよな)って思います。

(理屈じゃない)ってそれは、説明も簡単じゃないし、それどころか説明することの出来ないものと思います。

だから僕はそこを(センス)と同じ位置付けにしています。

簡単じゃないですよ。

でも難しく考えなければいいんです。

ファッションの場で出会う、(つまんないな)って人って

大概カタログスペックフル暗記、みたいな語りをする人ばかり。

格好もまるでカタログのようです。

もちろんそれはそれで全然否定しません。

それが楽しいのなら全然いいと思う。

でも僕がやっているファッションはそれじゃない。

「置き画」でファッションアピールだけでは終わってほしくない。

着てなんぼの生々しくリアルな方。

着て知って褒められて恥かいて納得して失望して、を繰り返し、

その勝率を向上させながら楽しむ、終わりのないやつで、いずれものにするリアルな方。

長くなったけど、ウチにおけるNICHOLAS DALEY、そんな服のつもりです。

かなり格好いいですよ!


18'AW店頭販売経験の無い中オーダーしたという胃潰瘍な19'SSアイテム達がこちら。










































ど変態なポリシルクからなる織物は相当繊細。

そんなファブリックイメージとは対極に位置しそうなデザインとの融合。

僕からしてみたらそれはまるで夢のような結実。

そんな素材使いにして、同組織配色違い、そしてソリッドカラーワックスコットンにてパネル処理。

未開領域っていう冒険。

そこを真剣に遊んでフザけた先が誰も見たことのない崇高位置に着地した、最高のセンスっていう好例かと思います。

真剣に楽しむって、実は難しいからね。

18'AWアイテムのゴツゴツな雰囲気とは見栄えや質感が異なる故、

それにおける皆さんの感じ方がきっと異なり、好みは別れるかもしれませんが

好みが僕と同じ方は散財してください。


シャツジャケット、

着こなしはユルくいきたいですが、サイズがユルいと違うかなと思われるモデルなので

36,38サイズにて展開です。

さっき話した通り、個人的にはパネル処理が堪らない。

肘当てが好き。

それはまるでジャンル違えどマーヴィンゲイの肘みたいだから。


ベストの方はサイズ40のみで、気持ち大きめで挑んでいます。

これからの季節はTシャツやカットソー、シャツ上に。

そしてそれ以後の季節も羽織物やアウターの上にも重ねたいかなと。

ニコラスお得意のサイドアジャスターも活かしたいので。

イコール年がら年中無闇に袖を通す。

頭を柔らかくして、広いコーディネイトバリエーションを模索して楽しんでほしいです。


Tシャツ類は全てガーメントダイ仕上げ。

お前と出会う場所、セレクト屋じゃなくて古着屋の方がいいんじゃない?、って感じの見事な仕上がり。

その出で立ちに重厚さが香るフロッキー、

SLYGOはソリッドなプリントながら、ラスタラインがオツです。

(まだ肌寒い中、既に買ってくださった方々、足を向けて寝れません。ありがとう!)




NICHOLAS DALEYのLookは当店HPのTopにてご覧ください。(形式が合わずこちらに添付出来ませんでした、、)


長々とすみませんでした。

今日の文章は賛否両論ありそうだな、、。

丸腰ながらも勝負です。


今期のNICHOLAS DALEYを

既に見た方はもうあと何回か、

まだな方は早く見に来てください!


NICHOLAS DALEY 2019 Spring&Summer 「SLYGO」Start!!!!!

~NICHOLAS DALEY - S/S 19 'SLYGO’ COLLECTION~

NICHOLAS DALEY←Click!!!!!


それでは!

*RockyRaccoon


*RockyRaccoonTwitter←Click!!!!!

*RockyRaccoonInstagram←Click!!!!!


| http://rockyraccoon.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=916 |
| *NEWS | 12:43 PM | comments (x) | trackback (x) |
今日3回目の更新 m's braqueとROLIAT
営業時間中はもちろん店頭にお客さん方が多数いらっしゃるので、、

ブログ作業は進められません。

まず先に、というか本日はホントに沢山の方にご来店いただきました。

ありがとうございました!

それもあって顧客さんも新規さんもきっちりお相手出来なかった方が多数おられました。

すみませんでした、、。

今日辺りはなかなかタイミングもうまくいかず、一定の時間帯はお客様が被りまくってしまい・・・

ご迷惑お掛け致しました。

お時間が許される際は是非また覗きに来てくれたら嬉しいです!


さて、お店も閉まり、ゆったりしながらブログを書いています。

(やっぱこういう時に書かないと落ち着かないのが本音です・・・)

残業という名のブログ更新作業ですが、今日は忙しくて摂る暇のなかった昼食はさっき夕飯として食べたので笑

きっちりこなしていこうと思います。

まずはm's braque(エムズブラック)です。




今期から取り扱い開始となるパリのm's braque。

以前から気になっていたものの、展開としてなかなかタイミングがハマらなかったというのが正直なところ。

常にセレクトの中でしっかりしたテーラリング仕事を達成しているブランド、

並べていたいという意識があるのですが、そこは真剣なので簡単じゃないです。

そんな中、今回のm's braque。

個人的な印象ですが、以前に比べ(ヌケ感)が感じられ、良い意味で身近に感じれた気がしたんです。

そして今年はジャケットをガンガン気軽に羽織りたいブームが到来しながらも、

カチカチではない自分の着こなしに、可憐で美しくもカジュアルに付き合ってくれるそんな感じ。

m's braqueが叶えてくれそうです。

まずはそう思わせてくれたこちらのジャケットからご紹介します。


Double 4B BOX Jacket Black













一見手強そうな印象ですけど、実は不思議と例えばストリート側などにも落とし込みやすいのかな?と思ってたりするダブル。

こちらの一着、そんなイメージに沿うかのごとく、ストレッチ素材を採用していたりします。

もともとジャストより少しオーバーなサイズ感を当店として提案してみてはいますが、

元の形が品良く美しいだけに、気持ちシャープな部分も持ち合わせているシルエット。

なのでこのストレッチ素材により本当に気軽に羽織れるのがいいところ。

テーラリングに強いm's braque、節々の作り込みは納得の仕事ばかり。

袖の縫い合わせをあえて常識の内側にせず外で合わせ、身頃の肩の縫い合わせラインと繋げている仕事(言葉じゃ伝えづらい)は技ありな感じです。

**結局写真を撮りました。



現代に限らず普遍に使えるであろうそんな一着。

ジャケット好きな方も、ジャケット慣れしていない方にも、きっと満足していただけるかなと思っています。

まずは試着して体感してみてくださいね!


ではパンツへ。

Baggy Pant Mix Beige













良いパンツその①

まず目に飛び込む美しいファブリック。

なんだか懐かしさというか温もりを感じれるその優しい表情。

その印象を裏切ることのない、肌触り良くしなやかな質感。

オチ、そんなアナログ感じるそれ、実はストレッチだったりします。

品の良さとは裏腹に、きっと完全想像越えであろうアクティヴさをも備えた最良の一本。

あるうちに是非!


良いパンツ②

m's braque Tuck Tapered Pant Navy










上のパンツとは対極シルエットの細身な一本。

こちら、素材が鹿の子だったりして、天然のストレッチ感。

とても履き心地が良いです。

細身ながらも全くストレスを感じることのないそれ。

履いてる本人しか分からないであろうそれ。

デニム代わりの立ち位置、タマに変えてみませんか?

きっと普段着まわしているトップスの印象すら新鮮にしてくれるかと思います。

先ほどのワイドと共に、とにかく春が待ち遠しくなる、そんなパンツ達です。


m's braque、入荷分最後の一着はこちら。

Boat Neck Tee Border










お伝えしている通り、m's braqueといえばテーラリング仕事っていう印象をまず思い浮かべるはずなんですけど、

こちらの一着はなんだかm's braqueらしさ、

いや、フランスらしさがうまく出ていてクセになりそうな予感

そんな予感を展示会時にズバッと感じたモデルでした。

定番的なカットではなく布帛で仕上げられたボートネックのトップス。

バスクシャツと呼んではいけないんでしょうけど、位置はそこでいいですよね。

一枚で着るも良し、内側にシャツを入れるのも良し。

絶妙な袖のレングスは、品のある生地の影響もあるのでしょうけど、

幼く映りがちなボーダーをきっちり大人っぽく印象付けてくれます。

欲張ればこの4型全部持てたらなぁ、なんて思っちゃいますね。

それだけで組み合わせや着こなしがきっと綺麗に楽しめるから。

既にリーチの方が多数おられますが、ハマった方は是非!

まだの方は、この中から一着だけ手にしてみてください。

m's braqueの良さ、きっとわかりますから!

m's braque←Click!!!!!


お次はROLIAT



日本では珍しく映るのかな、な、Koreaのブランドです。


既に店頭に並べ始めて幾らか時間が経ちましたが、

展示会時に少しだけ過ったイメージ、

それは毎日報道でなんらか取り沙汰されているあのイメージ、

そんな分かりやすい偏向さが災いしてか、お客様の興味から始まり、最初の説明にて(韓国のブランドです)、と言葉にしただけで毛嫌いされる方もいる現実。 (それはもちろん一部の一見さんばかりですが)

反面、当店のSNSなどで写真を見てくださり、気になったから!一目惚れしました!で、即行動、即購入してくださる方も多数おられました。

中でも、僕と付き合いの長い顧客さまならばまだしも(その場合は僕への信用信頼もあるかもで)、

そこまでウチに慣れていらっしゃらない方のご来店/ご購入は本当に嬉しかったです。

その気持ちやセンスは完全に僕と一緒のそれだと思います。


このシーズンのロリエットを見た時、相当オーセンティックなファブリック表情を主役にて素朴に仕立てられたこのシャツ群には

思わず手が止まり袖を通して試したがってる自分が自然と居ました。

ロリエットのことは数年前から知っている自分なので、もちろん韓国ブランドであることを認識した上での行動です。

世間知らずの馬鹿を演じるつもりもありませんが(かといって賢くもないですけど笑)、少なからず服にはフラットです。

こういうことをこのような場で言葉にするのも、勝手ながらもではありますがそれ相当に覚悟と勇気を持って挑んでいます。

人によって色々な考え方や感じ方、捉え方があるのも事実。

自由です。

そこはそれぞれのセンスやパーソナルさで判断していただけたらと思います。


なんだか堅苦しくなってきました、、。

なんだか面倒臭いこの流れは消臭力にでも吸い取ってもらって、

さっさとそんな良いシャツ達をご紹介しましょう!


OPEN COLLAR WIDE BODY S/S SHIRT NATURAL,BEIGE














ナチュラルはCotton73%,Linen18%,Bamboo9%

ベージュはRayon38%,Linen34%,Cotton28%

そんなイカした混紡のファブリック。

共にカサっと乾いた独特の質感にヤラれます。

この後ご紹介するもう1型共に、サイズは44S、46Mの流れにての50XLワンサイズでトライしています。

ジャスト着でもそれはそれで良い雰囲気が出せそうですが、ヌケた感じが出したくてこのように挑みました。

展示会サンプルにて50の存在が無かったのでそこは完全博打でしたが、結果は俺の勝ち。

想像通りに着地しています。

両色共に縦方向へ天然の伸びを感じれる不思議な質感。

着心地も抜群です。

都会的に真っ直ぐ洗練側で着こなすのもいいし、

あえて泥臭く匂い立つような空気を演出してみたら技ありかな、なんて思ったりもしています。

まだルックで表せていないので、いずれ気候が助けてくれたら組んでみますね!


もう1型はこちら。

SMALL COLLAR L/S LONG SHIRT OFF WHITE,CAMEL














この病気はきっと生きている限り続くのかな?

と思っている、長い着丈のシャツ好きなそれ。

自分でも作ったりしたことがありましたが、相変わらずのそれです。

先ほどのシャツとは対照的と言っていい、こちらはしなやか系ファブリック。

オフホワイト Rayon48%,Linen27%,Cotton25%

キャメル Rayon73%,Nylon25%,Polyurethane2%

キャメルにはポリウレタンが入っているので当たり前ですが、やはりどちらも適度なストレッチ感があります。

個人的には前留めせずに、下着にサラッと羽織っとくだけ、がお薦め。

涼しげな素材だから、夏に袖まくりで、なんていう着方も格好良いと思います。

とりあえず、ひらりはらり。

これからの季節は完全解放時間専用着的に、サンダルや裸足がらみで如何でしょう?

忘れてならないのは、この着丈ですから秋冬のレイヤード使いにも面白く使えそうです。

とにかく一年通して楽しいですよ!なモデルです。


あ、忘れてました。

ロリエットのシャツ類は胸の一番心臓に近いボタン、一つだけアンティークなものが付いています。

アイコン的ですね。

そこだけ留める、のも粋かもしれないですね。


そんなm's braqueとROLIAT。

これからよろしくお願いいたします!


疲れてきたのか言葉の思いつきが悪くなってきました、、。

今日はこの辺で。

それではまた近いうち!

ではでは。



*RockyRaccoon


*RockyRaccoonTwitter←Click!!!!!

*RockyRaccoonInstagram←Click!!!!!

| http://rockyraccoon.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=915 |
| *NEWS | 08:39 PM | comments (x) | trackback (x) |
本日2度目の更新 今回はWILLY CHAVARRIA
去年秋冬は何かとバタバタな感じだったチャバリア。

Yeezy含めて忙しいんでしょうね、、。


自分でやってるセレクトショップですから、扱っているもの全部好きなわけですが、

「なんか好きなんだよね」って思わず一言添えたくなるそんなブランド、WILLY CHAVARRIA。

今期も相変わらずバタバタみたいだけど、そのバタバタしてる理由なやつらが入ってきてます。

まずは入荷順に時系列をなぞっていってみましょう。


WILLY CHAVARRIA×HUMMEL  HMLWILLY BUFFALO T-SHIRT SS PALOMA,BLACK










WILLY CHAVARRIA×HUMMEL  HMLWILLY BALL BAG BLACK








乱痴気神戸のナンチャンがインスタで話してて思わず頷いたのですが笑、

僕もヒュンメルといったらやっぱラウドルップなんですよねー。

とはいえ世代が違うから、僕はといえば将軍プラティニ(お客さんツッコミありがとう!もとに書いてた皇帝はベッケンバウアーだ汗)とユーベでコンビを組んでいた頃。

その頃のデンマーク代表ユニフォームがきっかけだったりします。

1986W杯。

(デンマーク代表は現在もヒュンメルですけどね。)

当時としてかなり前衛的なデザインで驚いたのを覚えています。

フォントすらも斬新だったなぁ。


で、話を戻し

コペンハーゲンに所縁あるチャバリアだからこそのコラボだったのでしょう。

とはいえただただ安易に商業的コラボをするタイプでもセンスでもないチャバリア。

Rooklyn International Football Association という素晴らしい慈善活動に賛同して、その子達に向けたサッカーをする上でのギアをデザイン/形にするという昇華を選択したのでした。

Rooklyn International Football Association←Click!!!!!


ファッションという良くも悪くも(ウワベ)な側面にてイメージを作りがち・持ちがちな僕らですが、

しっかりファッションをこなしながらも

人助けもし、

なによりそれも込みでビジネスを成り立たせ、

知らない誰かをも幸せにする。


著名人が絵を描いて有り物Tシャツにプリントして売上を寄付。

それですら十分なほど素晴らしい活動ですが、

そこを本気でデザインをしてきっちり自己主張し成り立たせるというのはエゲツないほどの究極かなって思います。

そんな意識に賛同することも踏まえての展開です。

あくまで、ヒュンメルコラボは僕の中で後手。

もとある流れからの大事な大事な一環という感じでしょうか。

進行形ですよね。


さてお次は先シーズンデビューにて大好評だったこちらのリバイバルです。

WILLY CHAVARRIA BIG WILLY DRESS SHIRT MULTI STRIPE,PIN STRIPE


















自らのキャリアを匂わせつつ、しっかりとオリジナリティも覗かせる彼らしいモデルかと思います。

用尺が大きい分、のっぺりしがちなビッグボディ。

だからこそ、袖のギャザーが相当効いています。

トップスをこの一着依存、更にはボタン全閉でも何か足りないとはならず、しっかり成り立たせる力があります。

今期分はスペシャルにてマルチストライプが登場。

去年買った方も、初めての方も楽しめる様になっています。

買っておいて損なしです。

凄くおすすめですよー!


最後は待ちに待ったこちら。










上で書いた様な部分が、僕の中でチャバリアに対する(内側)の好きさなのであれば、

この一着はシンプルに(外側)の好きさ加減、とでも言えばいいのか

全てはゴツゴツ、Theアメカジな印象のそこなんです。

本来はアウター、せめてパンツに使うべきな厚厚オンスのそれはそれはヘビーな生地。

そんな生地をシャツ、ましてやビッグシルエットで作るそこ。

そこがたまらないんですよね笑

まるで子供のいたずらの様な一着です。

定義はシャツなんでしょうけど、

既に店頭ではこう説明させていただいていますが

それは 時にシャツ、時にジャケット的、時にコート的

でいいんじゃないでしょうか。

乱暴な意味でなく、(どの季節であれ、思い立ったそれで貴方の好きな様に着てください)ですよね。

ここで大事なことを言い忘れていましたが、このシャツは本来18'AWアイテム。(そこすらもっと細かな説明が必要なのですが、、長くなるので割愛で)

遅れに遅れたんです・・・。

そんなお詫び、ということで

元は確か42,000円にtaxなのですが、今回はなんと32,000円にtaxです。

既にガンガン動いてくれていますが、ここを読んで(そうなんだー!)とスイッチが入った方、急いでくださいね笑

WILLY CHAVARRIA 2019SS Start!!!!! ←Click!!!!!


今回のチャバリアのご紹介はこんな感じで。


いずれ出来るだけ間髪入れずに

YAECA

NICHOLAS DALEY

m's braque

ROLIAT


F/CE.

Santo Domingo

辺りをご紹介予定です。

新展開ブランドもありますのでホント急がないと、、。

頑張りますので皆さん待っててくださいね!

それでは!


*RockyRaccoon


*RockyRaccoonTwitter←Click!!!!!

*RockyRaccoonInstagram←Click!!!!!

| http://rockyraccoon.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=914 |
| *NEWS | 05:49 PM | comments (x) | trackback (x) |
Blog再開です!少し遡ってNEONSIGNの入荷分ご紹介から。本日1回目です。
ちょっとどころか相当間が空いてしまいました、、。

本当にごめんなさい。

今日から出来るだけ日々更新していけるよう頑張ります。

早いもので今年ももう3月。

やることやっておかないと気づいた頃には師走を迎えてそうなので笑

時既に遅しはイヤなので日々をしっかりこなしていきます。

入荷情報から日々の戯言まで、

独り言のようにつぶやいてまいります。

新たな取り扱いブランドなどもありますからねー。

しっかりご紹介しなきゃです。

暇な時でも是非ご覧になってくださいね!


それでは今回はこちらから。



今期最初の入荷はNEONSIGN。

もはや毎年恒例ですね。

当店へはこんなパンツからでした。

WIDE WORK SLACKS KHK,BLK












扱いやすいくらいのワイドさ。

NEONSIGN辺りではもはや作り慣れていて小慣れてる領域に達しています。

指の第二関節オーバーはあろう深めのタック。

この恩恵から、着用時のシルエットはふくよかにワイドさを際立たせてくれています。

スリークラインの立ちが非常に美しいです。

ポリコットンのワークテイスト、ガシガシ履けちゃうあの素材感ながら、なんだか品すら保つキャパの広さ。

合わせる靴やトップス次第で如何様にも変幻自在なイメージ。

年がら年中使えることと思います。

色/サイズ欠けも目立っていますが、ハマる方は是非お早めに!

プライスが優しいのも嬉しい限りですね。


そして写真の最後にチラッと現れたこちら。

INSIDE-OUT FRONT POCKET BLK








付属のレースをパンツのベルトループに通して装着。

このモデルはフロント側に装着を想定していますが、前でも後ろでも横でも斜めでも、位置は気分で変えて楽しんで良いと思います。

パンツ装着だけでなく、紐の両端を結んで単品ショルダー使い、なんてのもありで。

メインバッグにこちらもセットで、だったり、街歩きや旅先のお出掛け時に、なんてのもいいと思います。

パンツ共に在庫が少なくなっていますので、是非チェックしてあげてください。


そしてこちらは入荷してきたばかりの最新分。

相変わらずトリッキーな作りで楽しいシリーズです。

TRIPLE MIX SWEAT POEM&SICK CHACOAL










TRIPLE MIX HOODIE LONER&SICK CHACOAL












あたかも3枚の服を重ね着してるかのような構造の元、どこかが切れてたり欠損してたり、、。

という風なノリの安易なリメイク仕事のように見せかけて、きっちり一からでなければ構成出来ない作り込み。

技ありな感じです。

メッシュ使いが効いていて、着用時の動作でそこがチラチラ。

ただハンガーに掛かっている姿で格好良い、ってよりも

着用した時にこそ格好良さが現れる服の方が好みの僕ですが、

この服はまさにそんな感じでしょう。

俗に言うボロ系の様に見せかけて、きっちり洗練させて都会的に映させる印象が気に入ってます。

過ごしやすかったりっていう大事なそこや、異性受けっていうまたしても大事な大事なそれ。

何よりお洒落し過ぎたことにより陥る無駄なドツボ。

そんな難しくも簡単であるべきストリート感を上手く調和して扱いやすく形にしてくれてる気がします。

色味やプリント感も良いですよ!

肝心な生地感も最高。

この生地感好きだなぁ。

俗にいうスウェットよりも薄く、定番的なロンTよかきっちり地厚。

着て洗ってすればするほどもっと好きになっていきそうな一着です。

是非チェックしてみてください。

New arrival!!!!! NEON SIGN←Click!!!!!


また時間が作れたら書き足す様にしますね。

それでは!


**既に入荷済みのアイテムに対しブログ更新日が追いつく様、早めにガンガンあげていこうと思っています。

そのため一日何度かの更新、なんていう忙しない時もあると思います、疲れない程度に付き合ってくださいね!

そしてこれからはコメント欄も開放することにしました。

気軽にコメントしてくださーい。


*RockyRaccoon


*RockyRaccoonTwitter←Click!!!!!

*RockyRaccoonInstagram←Click!!!!!

| http://rockyraccoon.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=913 |
| *NEWS | 02:10 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑


shopping | blog | contact | sitemap | link
ロッキーラクーン [ Rocky Raccoon ]   〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町3丁目5番27号 梅屋ビル1F
  e-mail info@rockyraccoon.jp tel/fax 022-214-1441