サイトマップ   お問合せ

*RockyRaccoon   - 仙台のメンズセレクトショップです。通販も承ります。


  shopping | blog | contact | sitemap | link
 ※ 通信販売について

平成から令和へ 平成の最終日だからこそ残しておきたい言葉
と銘打って、今日という日のブログというかコラムみたいなものを書き進めていたら

とんでもなく長文で、病的な内容になってしまった。

実はこれで3度目の書き直しです、、。


披露するには稚拙過ぎて、芸能人なら「楽屋でやってくれ」的な笑


纏めないと。

書き進めていって行き着いたそれ。

「令和は皆が平和でありますように」

だった。


平成が終わり令和になる。(さっきまで長文書いていたお陰で、自分のPCが令和を予測変換する様になりました)

どこにでも書いてあるそれだとは思うんですけど

平成と令和を足して「平和」になるわけで、

本当にそうしなきゃならないんだと思います。

難しいことはよく分かりませんけど、

前に昭和があって、今回令和。

もう「和」の字を使うわけでしょ?

もう「和」の字を持ってこなきゃいけなかったんでしょ?

それくらいいま「和」を必要としてるわけでしょ?

字の通りに、本格的に意識してかなきゃならないほど余裕が無いんだと僕は思っています。



〖和〗 ワ・オ・やわらぐ・やわらげる・なごむ・なごやか カ(クワ)・あえる
1.
おだやか。のどか。ゆるやか。あたたか。はげしくない。 「和気・柔和・温和・緩和・違和」
2.
《名・造》互いに気が合う。なかよくする。争わない。 「人の和」


戯言を言わせてもらえるならば、こんな世の中のままじゃ皆が上記にヒットする日々なんて、、なかなか想像出来ない。

選ばれた元号の基の如く、そろそろ日本独自の路線を開拓して突き進めばいいのに。

それは回帰路線でしょ。

新しい先へ先への時代はもう終わりでいいのでは?

サッカー代表の監督人選と似ている様な。

異文化発祥のサッカー、もう日本人監督が仕切る時代で良いと

自分は賛同し、信じています。


やわらぐ・やわらげる・なごむ・なごやか

おだやか。のどか。ゆるやか。あたたか。はげしくない。

互いに気が合う。なかよくする。争わない。


俯瞰の角度で、実は全て現代(いま)っぽいと思いません?

もはや持っていないから、持ち合わせていないから。

実は皆が望んでいる、のかなと。

そんないまっぽさ。

現実は全然違う、ともとれるというか・・・。


そんな時代に洋服屋を営んでいる。

自分も心から、「和」の字に該当する様な仕事にしたいと願っている。

*服である以上、上記の全てに該当することこそ全てじゃないんですけど、、。


もっともっと精進し、成長しなくてはならない。

平成が終わる今日、

そんなことを思わされた気がする1日となった。


とはいえ、令和が始まる明日から

変わるべきところは成長進化し

変わるべきじゃないところはしっかり天然に停滞しながら

「らしく」やっていけたら、と思っています。


よろしくお願いいたします!



*RockyRaccoon


*RockyRaccoonTwitter←Click!!!!!

*RockyRaccoonInstagram←Click!!!!!

| http://rockyraccoon.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=934 |
| *Walrus | 07:47 PM | comments (x) | trackback (x) |
3.11
震災以降の3月11日という日。

そんな3月11日に雨が降った記憶がないんですが、今日は雨。

昨晩というか、10日から11日に日付が変わる頃、仙台は大雨とともにすごい強風、

しっかり見ていたはずの天気予報に見事裏切られ、11日日中の天気が不安になりました。

その怒りともとれたような昨夜の空模様、

今は徐々に涙雨、と感じれるくらいに落ち着いてきています。


去年のこの日、自分は何をどう感じ/考えていたのだろう?と思い、ブログを振り返ってみた。

この場だから、はあれど、仕事にまつわるポジティブな意識を書き綴っている。

読んでみて、時の流れを感じました。


去年の終盤近くだったかな?

この仕事をしている上で、無性にもの凄く、お客様に感謝するという意識をより高めたと共に、

自分っていう生き方であり生き様のもと、

それを良い形で貫く上で、

もっと自分ごととしてしっかり考えたいな、考えなくてはいけないな、という思いが募りました。

それは「休む」ということ。

お店をやめるとかって意味じゃないですよ。

もっといろんな部分で豊かに過ごさないと、本当の/本気の「表す」っていうそれが失礼にあたる

というか・・・

言葉には表しづらいな。

もっと自分の奥底からしっかり表さなくてはならない、と思ったんですよね。


去年までも、もちろん真剣に頑張っていたつもりです。

でも、その去年のブログを今見直して、自分だけが気付けること。

それはなんだか机の上的、とでもいうのか

広いようでなんだか狭く堅苦しく映る。

リアルなようで、でもそれは模型的リアルだ、なのかな。


もっともっと、生々しくありたい。


今日、インスタで

自分の通勤路にある街路樹の囲いの写真を載せてみた。

地震影響であろう、レンガ囲いの無残なひび割れ。

なかなかの割れっぷり。

割れるというよりズレてしまったような、

とにかく凄い力がかかった痕。


アップ後、再度その写真を見直していたら、

別な見え方もしてきた。

それはそこに植えられた木の根が、

当初より大きく成長し、囲いが耐えられず裂けたのかも、と。


そう見ると、急にそれがポジティブに映る不思議。

そしてそれは今の自分に一番必要な力、とまで想像は膨らんだ。


休む、というのはそういう感じ。

日々休まず黙々と仕事しているのもいいけど、

そんな目の前であり日々っていうのは、何気にすごく狭いし、大したことないのかもしれない。

時に洋服/ファッションからしっかり離れて

別な何かを楽しんだり感じたり、時に憂いてみたり。

と過ごさなくては、と。

その果てでいつもみたいに考えてみたいなー。


で、その後自分の居場所であるファッションフィールドに戻った時、

前よりももっともっと最善で最強なものを表すことが出来るんだろう、と。

洋服って、もっともっと楽しくて面白くて凄いんだよ、を伝えていかなくちゃ。

安直だけど、そう思っています。

だから週一くらい休みたいなー。

出来るだけ実行に移すと決めた今年です。

(3月現在、全然果たせていませんが・・・)


書きながらにして分かってはいるけど、相変わらず何が言いたいんだかっていう文章ですね。

でも、実はそれが自分らしかったりする。

少なからず去年よりも。

それが生きている、ということ。


さて、もうすぐ14時46分。

黙祷しにチョロっと出掛けてきます。


*RockyRaccoon



| http://rockyraccoon.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=919 |
| *Walrus | 01:40 PM | comments (x) | trackback (x) |
有難き
久々のブログ更新。

しばらくPCの調子が悪かったのもあって、本当に間を空けてしまいすみませんでした!

アイテム紹介や日常ごと、また少しずつ書いていけたらと思っています。


今日は、

先ほどあった嬉しい出来事を通して、思ったことでも書いてみよう、と。


うちのお店には、有難いことに沢山のフォロワーである皆さんがいらっしゃいます。

皆さんに感謝です。


そんなお客様方の中のお一人に、当店としては幾らかご年配側といえる(失礼ですみません!)方がおられまして。

その方は本当に素直で広いセンスの持ち主です。


メンズ服は既製服、なんて呼びますが、

レディースには及ばないまでも、狭い様で広くもあると思います。

それはデザインであれプライスであれ、と様々な角度で広いはず。


うちのお店に並んでいるものは、

「しっかりしていながらも遊び心は忘れたくない」洋服たちのつもりです。

そしてモノによっては、遊びという洒落ながらも

洒落では済まないプライスのモノも多々あるかと思います。

「そこ」を商品として「張る」のには、それなりなリスクと度胸が必要です。

昨今の安価型やミニマルデザイン主流に対し、間違いなく反対側に存在する其れ等たち。

商売でやっている以上、そりゃあ 売れる/売りやすい ものの方がいろいろ楽です。

でも、恥ずかしながら僕には其れ等がよくわからない。

いろんな意味でよくわからないんです。

一般的に売れそうなものがよくわからないし、だからこそそれを仕入れたり買ったりする理由もよくわからない。

ならばそこはシンプル、

素敵だ、格好良い、美しい、可愛い、欲しい、これはなかなかない、うちのお客さん喜びそう、etc

ただただ、それだけ。

でも・・・


そんなノリですから、

偏り強く激しく小さな小さな針の穴的センス笊(ざる)ですくってきたそれらですから、

ハズすときはハズします。

動かない、残る、ということです。

残念ながら、カッコいいし欲しいけど買っていただけるという現実には至らない届かない、もそれに該当かと思います。

激しく凹みます。

若い頃はそれこそその現実としてお客さんを恨んだものですが笑、いま責めるのはもちろん自分自身。

商売と自分の買い物は違う、というのにいつになったら気付けて、適正的確なラインを引ける様になるのか?

と、自問自答するんです。

それはこれまでだったり、シーズン仕切りでだったり、入荷後としてある程度の経過後にてだったり、とタイミングも様々。

思い出すため、今もこうしてそんな時を振り返ってるワケですが

結局答えはいつも一緒。

「その場その場っていうその都度、自分なりに頑張って色々考えたりはしている。それの上で俺がカッコ良いと思って選んでるんだから、好きモンであるうちのお客さん達なら分かってくれるんじゃ?。」

甘いのかなぁ。

相変わらず俺にはわからない。

だって、それはその流れの反対側っていう現実、幾多も経験あるからだよ。


前出のそのお客さんは

きっと圧倒的に余裕がある方なのは言うまでもないのですが、

派手だとか、変わっているとか、値段が高いとか、年齢相応ではないとか

そんな解釈は少なからず洋服やファッションに対しきっと持ち合せていない、とても素直で正直で天然でCoolなセンスで生き様な方だ。

きっと身体を鍛えてらっしゃって、試着はシルエットや着心地が厳しいものはもちろん×だが

とにかく「ある」じゃなくて「いる」と形容したくなる洋服を好んで選んでくださる方。


特にお気に入りであろうブランドがあったりするのですが、今期はこの方に早く早く見ていただきたかった。

誤解を恐れずで話していいのなら、洋服好きな方ながらもシーズン開幕とともにご来店いただける様なタイプの人ではない。

気候によるものだったりに素直というか、暑いから寒いから、でフイに来てくださる感じ。

でも、でもなんだよ。

そんなタイミングながらも、買っていかれるそれらの内容は・・・Coolに無茶苦茶。

その場で良いと思ったものを、細かいながらも実は季節気にせずで選んでいるように映る。


そして待ちに待った今日、やっときてくれた!

普段そこにあるべきラックからご覧いただいてた様だが、今シーズン例のブランドは別のラックに移動した。

すかさずそのラックをご案内し、言葉は出さずにお客様の手を見るに集中。

実はその方が喜ぶかな?の一択で選んだ一着がある。

見事、その方はそれを手に取った。

が、ラックに戻される汗。(去年近いものを買われていたのは知っている。が、仕入れの衝動を抑えられなかったんだよな・・・。)

いやいや、その方一択アイテムは至らなかったが、もう一着見ていただきたいものがあった。

共地にてそのモデルではない別のもう一型ぞ、仕入れ時にその方が浮かんだ一着というのがあったんだ。

でもそれは残念ながら、既に完売してしまっている。

何故そのモデルの方が推しだったかというと、シルエットだ。

いまある方は、作りやデザインこそビンゴしていただけるだろうが、その方が好まないであろうシルエットからくる着心地。

売れてしまった方がその方の好みだと踏んでいた。

試着までしていただけたが、結果は想定通りだった・・・。

「あぁ、タイミングを恨むなぁ・・・。」

なんて心の中で暗い押入れの中に入って体育座りしていたのも束の間、

その方は初見であろうブランドのラックを見てくださっている。

「手、止まるといいな。」

と長年培ってきた超絶テクニックである、お客様を見てない様で固唾を飲みながらガッツリ見てる、をやってたら

その中でもそれですか!!! なヤツを手に取ってくれるではないか!

チャレンジしたブランドだから、お客さんピンポイントと言えるほどの精度を持ち合せていなかった仕入れ。

でも、このアイテムにゾクゾクする方は必ずいてくれる、を信じてオーダーした、中でもマイノリティ仕様かもしれないモデル。

ブランドを気にしてくれた方々は沢山いながらにしてスルーされ気味だったモデル。

時は来た。

やっと来た。

サイズには自信があった。

絶対この方が好むサイズ感とシルエット。

袖を通されてお客様が自身を鏡で見た表情を見た時、

僕はまるでボールにバットを当てた瞬間にスタンドへ入るとわかる、そんな感触だった。

美しい色味なので自然光でしっかり見てあげてください、と外へご案内した。

脱がれた後、お客様はそれをラックには戻さず、中央にあるテーブルの上に置いた。


終わらない。

ディスプレイしていた別の一着を見てくれている。

それもその方は初見であろうブランドの一着。

店内の全てが自分の選んだアイテムだが、その一着は完全に自分のために選んだ一着。

この一着には「何故か」妙に自信があったので、自分分以外にも幾らか在庫を積んだ。

心から嬉しいことに、そのベットは的中し、結果、自分分も店頭に出さざるを得なくなった一着。

ズルいけどそれも正直に言葉にし、説明をした。

試着。

すごく似合っていて、まるで家から着てきたみたいだった。

「君の分なのに申し訳ないけど・・・。」

また中央のテーブルに置いてくれた。

「いえいえ、僕は新聞紙でもダンボールでもいいし、は冗談で、服に関しては自分よりお客さんが喜ぶ方が素直に嬉しいんです。」

プラスアルファ、展開色の中でクール過ぎるが故でハードル高となり残っていた別な一着も添えてくださり、

さっき打ったホームランは、結果逆転満塁弾となった。

予想してた球種ではなかったが、たまたま打てたホームラン、そんな感じ。


嬉しい。

心の奥底から嬉しかった。

額面も嬉しいけど、本音はそこではない。

キツい側の自分のセンスを、「いざない勧める」を先に立たせることなくの

洋服対お客さんのセッションで始まって、結果結実してくれるという喜び。

これはこの仕事をしていて本当に究極中の究極だと思う。

だって、全てがオリジナル。

接客的に言葉は、本当に添える程度。

そんなソリッドなシンプル、僕の中では時にミラクルと同義語になる。


ビンテージも見てくださったなぁ。

残ってることに首を傾げ過ぎて神経痛になるほどお気に入りの一着。

それはサイズがダメで却下だったけど、これが俺の新品屋やっている理由というか。

陳列はしているけど、気にしてくれるお客さんの抜きっていうセンス見せていただけただけでお釣りがきます

ね、これによって次回はその方に向けたセンスとサイズのアイテムを意識することが出来る。

何より、僕はその方が古着を着るって事実を今まで知らなかった。

これだけでもその方を知る上での価値が大きい。

「こないだなんて古着屋というよりリサイクル屋みたいなところで懐かしのデニム転がってて、数百円だったから全部買ってきたよ。」

なんて少年の様に楽しそうに話されていて。

この方、ただの洋服好きじゃなくて、筋金入りの洋服好きだよ。

ピンキリ全部、自分を知った上での完全包囲。

インターネットなんて多分使ってないよ。

でもキャパがめっちゃ広い。

そしてそのキャパに無駄はない。

自分を心得た上での足を使った行動の全てだから。

ネットサーフ、実は無駄が多いよ。

着たこともないのにあたかも着用経験ありまくりの様な人、そりゃあ増えるよ。

無駄だよ。

きっとそこに大したオリジナリティは根を張れていないから。

もしかすると、現代とは情報を得ることよりも自分を知ることの方が難しいかもしれないよ。

圧倒的に自分に沿ったもの(知ってるものも知らなかったものも)をしっかりあてがえるというのは、単純ながらも難しい。

だからこそハマった時はとても気持ちの良いものだ。

それを今日再認識させてもらえた時間が過ごせました、の話でした。


またいつか、今度はあなたのことをここに書かせてくださいね!

それでは!


PS その方、普段は日曜日にご来店される方なのですが、今日は月曜日。

そんな珍しい日のご来店理由をなんとなく伺ったら

「ストレス溜まってて、解消するには買い物!って思い立っだだけだよ。」

嬉しい、、俺が人様の役に立てるところ、あって良かった、って。


*RockyRaccoon


*RockyRaccoonTwitter←Click!!!!!

*RockyRaccoonInstagram←Click!!!!!


| http://rockyraccoon.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=908 |
| *Walrus | 03:53 PM | comments (x) | trackback (x) |
Coordinate
今日も程よい気候で過ごしやすい仙台です。

この週末から店内ではSale品をよりマークダウンしてご奉仕中なので、新作以外にもいろいろ掘りどころがあるはず。

是非チェックしがてら遊びにいらしてください!


本日のコーディネイトは青遊びで。














Hat/YAECA LIKEWEAR SailorHat Navy




Shirt(Out)/superNova. Haori Shirt Sateen NavySt




Shirt(In)/STUDIO NICHOLSON Cabrilla Shirt A Blue




T-Shirt/BROWNby2-tacs DUAL Pocket White




Pant/WILLY CHAVARRIA HUSTLER TRACK PANT BLACK/BLUE




*RockyRaccoon

*RockyRaccoonTwitter←Click!!!!!

*RockyRaccoonInstagram←Click!!!!!

| http://rockyraccoon.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=902 |
| *Walrus | 03:18 PM | comments (x) | trackback (x) |
Coordinate
GoldenWeek終わり辺りから急に天候が荒れたり、、

そこからくる激しい温度変化で体がおかしくなっちゃいそうでした。

今日はやっと気候が戻った感じ。

なので涼しげなヤツを組んでみました。


Cap/BURLAP OUTFITTER PACKABLE 6-PANEL CAP Black



個人的にもヘビーユース!おすすめです。


Shirt/JUHA Over Stripe Shirt White



ここにきてすごく動きを見せています。アーム幅寄りな程のカフの広さが格好良いです!


Pant/JUHA WideDrySweatPants Gray



楽チン極まりないリラックスした履き心地にして、履いている姿の見栄えは割と小綺麗な印象。意外と代わりになるパンツは少ないかもしれないですよね。


Bag/MADDEN 0-18 LITTER PACK RAVENBLACK/BLACK



渋い面子が再結成のMADDEN。その昔のモデル群に比べ、時の流れを感じる洗練されたディテーリング。オールドファンへも、その歴史を知らないニュージェネレーションな方々にも!


SCARF/RUSSIAN SCARF BEIGE,BLACK





珍しいMade in RUSSIAのストール。気品高い質感と印象。そこを贅沢にも大雑把にあえて使う粋。





*RockyRaccoon

*RockyRaccoonTwitter←Click!!!!!

*RockyRaccoonInstagram←Click!!!!!

| http://rockyraccoon.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=901 |
| *Walrus | 03:28 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑


shopping | blog | contact | sitemap | link
ロッキーラクーン [ Rocky Raccoon ]   〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町3丁目5番27号 梅屋ビル1F
  e-mail info@rockyraccoon.jp tel/fax 022-214-1441