サイトマップ   お問合せ

*RockyRaccoon   - 仙台のメンズセレクトショップです。通販も承ります。


  shopping | blog | contact | sitemap | link
 ※ 通信販売について

FRANK LEDERそしてNorwegian Rain
気付けば前回のブログから一ヶ月超が過ぎてしまっていました、、。

本当にごめんなさい。

そんなうちにこちらでまだご紹介していないのに売れ切れてしまったアイテムも出て。

うー、追いつかないと。

頑張ります。


そしてまず先に告知。

9/5(木)は店休となっておりますので宜しく御願い致します!


ではまずはこちらから。

一発目は少し肩透かしを喰らってしまいましたが、(10年超扱ってきましたが)

珍しく納品量が少なかったのでお客様にご迷惑をお掛けしてしまいました。

(序盤に飛ばした方々、実は内心ホッとした説は店頭話として笑)

まだまだ数は少ないですが序盤にして重いところ入ってきました。



入った順にいってみます。


FRANK LEDER BLUE NEP WOOL CAP BLUE 








FRANKお得意のネップウールにて素敵なキャップが入荷です。

現時点の並ぶ見栄えでは繋がりの違和感を感じてしまうかもですが、

この後に入荷する青いアイテムにどうしても合わせたくて並べている次第です。

そちらはもう少しお待ちください。

この帽子はルックでもイカした使われ方をしています。

粋ですね!



デニム映えもしそうなので、履いてる時なんかにノリで頭に乗っけとくのも良いですね!

何気にFRANKの帽子は丁寧に作られていて、ライニングの素材遊びとか格好良いんです。

普遍な印象なので、末長くかぶってもらえると思いますよー!


そしてきましたきました、例の重たい奴らが。

オールニュープロダクト。

まずはこちらから。


FRANK LEDER DEUTSCHLEDER LEATHER STRAP COAT BLACK 














展示会時にこいつと出会った印象は忘れません。

いまやFRANKのジャーマンレザーシリーズはなかなかの数のアイテムがラインナップされています。

前回の冬は新色ブラウンに特化して展開してみましたが、

この秋冬は物を見る前に「どう並べようかな?」はなんとなく考えてはいたものの

また何か新色が出ていたとしても、出来れば黒で、と目論んでいた。

で、話を戻して、このコートを見たときに

「あー、コートでいこう」となりました。

シンプルながらもネックのレザーベルトが機能も印象的にも相当効いていて

自分の中ではドイツという歴史も踏まえた雰囲気をビシビシと感じましたね。

冷たく重厚、でも生活に取り入れることで熱を帯び、やがて感動し、それが自然となる。

そんなクラフトシップが見えました。

まるで911カレラの様だ、とでもいうのか。

デザインの秀逸さ以上に、使っていくうちに機能に惚れる。

道具としてのベストかと思っています。


そんなこちらのコートに対し、完全に対局を感じて展開となったのがこちら。

FRANK LEDER DEUTSCHLEDER BIG POCKET COAT BLACK 














単純に可愛いでしょ?笑

マチの厚みがより存在感を助長しているポケットたち。

使いやすいジッパー併せ。

まるで車におけるSUVの様な優しさと扱いやすさ。

カイエン的でしょうか。(こじつけ笑)


でも一概に間違っていない気がします。

前出はボクサーシックスの如くジャーマンレザーシリーズを筆頭にもはやFRANKのアイコンと化した渋いベークライトボタン使用。

後者はボタン留めに比べ近代的ながらも、駒が最高に格好良いririジップ。

あー、時の流れを感じます。

何時ぞやのシーズン、FRANKがジッパーを初めて使ったときは驚いたもんです。

でも、今や見事に調和してきましたよね。

好みと気分でしっかり考えて選んでください!


話がまとまらなくなってきました。

何が言いたいかというと、どちらも最高ですよ!


顔馴染みの方々にはこの19'AW準備時点でこう謝り続けていました。

「次の秋冬はコート祭り。俺と同じくアホならば最低2着買ってくれ。というか付き合ってー。」

ほぼ泣きつき。

今年の秋冬はコートが着たい、から始まりましたが、大概にしとけボケ、と言われること請け合いの19'AW。


コート祭り前夜祭はニコルソンのアイテムでしたが即完売でした。

僕のアホに付き合ってくれてありがとう。

まだまだクソ暑い時期だった先月序盤、汗かきながら来店してゴツいコートを買ってくださった。

感謝するとともに、また色々入ってきたので見にきてください笑


で、こちらです。



まずはこちらから。

Norwegian Rain RAINCHO BLACK














ノルウェイジャンレインの代表作であろう、当モデル。

ポンチョ的ですが、そんなに簡単じゃないんです。

「袖」があります。

その袖先はギミックラッシュ。

絞り側とレングス変更用に縦横と備えられたストラップが最高にメカメカしくも洋服的で格好良い!

にしてボタン留めの前縦は比翼処理でスッキリと。

両胸腰にはジップ付きのポケットも完備。

写真が用意出来てなくてごめんなさいですが、ネック裏に重厚なレザーにてフードをクルクルっと纏められるベルトも付いています。

ネックには前留めがあり、留め方はマグネット方式。

手袋しててもイライラしません。

モダーンとオーセンティックの融合を見事に表現した傑作です。

今シーズンの当店のNorwegian Rainはブラックカラーのみ。

日常を完全フォロー、生活道具さを強めに出したかったので。

良い「もの」を手に入れる感じで見にきてください。

格好良いですよ!








次はどうしよう。

こちらにしよう。

Norwegian Rain RIVE GAUCHE BLACK














このモデルは

個人的にフード付きのセミロングコートという立ち位置にして、

シンプルながらも節々凄く考えて作られているなーと感動して展開となりました。

こちら、まずは前合わせがダブルです。

ボタン数が少なく、且つ半比翼なので気付きづらいのですが。

先ほどのレインチョもそうなんですけど、

ゴワッとしながらもキメ細かい織りが成す柔らかな佇まいのシェル、

それを纏めずあえて暴れさせてるレインチョ(ナローなウェストコードは付属ですが)

リヴゴーシュはトレンチよろしくゴツさ感じるウェストベルトでギュッと絞るロングコートならではの気品。

共地ながらもこの素材印象をこうも違って見せるキャパシティには感動すら覚えます。

捻れちゃいがちなウェストベルトは、特許でも取ったらどうですか?な変形ベルトループによってイライラしないことでしょう。

チャームポイントは袖先、そして美しい背面の処理。

ゴツさと可憐さが上手く融合していると思っています。

背面の割れ具合、本当に格好良いですよ!


長くなってきた、ごめんなさい、次で最後です。

Norwegian Rain WALKER BLACK














間違ってたらごめんなさいだけど、こんなにスタンダードなのに確か新作だった様な。

典型的なステンカラーコートです。

ただ、ギア然とした完全防水の当ファブリックにて真っ直ぐ作られてしまうと、、。

「間違いない」っていう安心感は絶大なのかなと思っています。

壊れるまで永遠に着倒したい感じ。

毎日毎日働いてもらいましょう。

フードは脱着可能!日々気分でどうぞ。

ここらしいな、な大きめのフェイスガードが異様です。

寒い日、風が強い日、想像するとあったら安心ですよね。

シンプルだからこそ敢えて使いたいギミックです。


総じてコートなのにリュックや近代デザインのバッグに相性が良さそうな、稀有な存在のNorwegian Rain。

心からオススメです。

ぜひ自身へ一着迎え入れてあげてください!


今日はこんな感じで。

いずれ近日中に他のアイテムもご紹介します。


それでは!

*RockyRaccoon


*RockyRaccoonTwitter←Click!!!!!

*RockyRaccoonInstagram←Click!!!!!

| http://rockyraccoon.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=939 |
| *NEWS | 05:24 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑


shopping | blog | contact | sitemap | link
ロッキーラクーン [ Rocky Raccoon ]   〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町3丁目5番27号 梅屋ビル1F
  e-mail info@rockyraccoon.jp tel/fax 022-214-1441