サイトマップ   お問合せ

*RockyRaccoon   - 仙台のメンズセレクトショップです。通販も承ります。


  shopping | blog | contact | sitemap | link
 ※ 通信販売について

今日はsuperNova.とF/CE. そしてオッさんの戯言
空は真っ青快晴ながらも、なんだか気温が低くイマイチ春感触がまだまだの仙台。

東より向こうはお花見も始まって良い感じですねー!

あまりニュースとかちゃんと見れていないここ数日なのであれですが、

お花見出来るところの方々は、何より楽しくやって欲しいし、

ながらも飲み過ぎ注意でね!


喋りが長いともっぱら噂になっちゃうので、サッサと商品紹介始めまーす。

まずはこちらから。

待望中の待望、なこちらが入荷です。



New arrival!!!!!  F/CE.

NO SEAM ZIP LOCK BAG BLACK














大人気!

予定外なのにツラと質感とプライスにKOされて購入、となる方多数のこのモデルが入荷です。

ブランドアナウンス。


完全防水の NO SEAM ZIP LOCK BAG 。

専用の機械に重ねて入れた2つの生地に特殊加工を施し、縫い目のない接合部を作り、1枚の生地に統合します。

口部分は特殊なZIP ROCK式のパーツを採用。

完全な密閉状態になる為、その防水力は水深6mの水圧下でも変わる事がなく、ラフティングや様々なマリンスポーツでも中身が水に濡れる心配がありません。

フロントの空気注入するパーツで中に空気を注入、その状態で密閉すると、そのまま「浮き袋」の代わりになるため、テント内のまくらや、防災グッズとしても活躍します。

また背負い心地も考慮したアジャストショルダーを採用するなど、本格的な仕様にデザインしました。

DRY LINE
無縫製・完全防水のライン。
特殊機械に重ねて入れた2枚の生地(パーツ)に圧力をかけ、電磁波を流すことにより、耐久性のある縫い目のない接合部に仕上がります。特殊熔着処理によって2つの生地が分子レベルで化学反応を起こす結果、再分離、剥離が起こることはありません。メインの素材にはCORDURA 500デニールのリップストップファブリックを使用し、防水かつ安心の強度を併せ持つことが可能に。また、DRYラインでは一部のモデルにはジップロックパーツなど、特殊パーツを使用しバッグから小物まで、様々な状況下でも安心して使用することができるラインです。ハイスペックなアクティブギアからのインスピレーションで全てデザインされている。


ちゃんと読んでくれました?

ね、凄いでしょ?

個人的には、

ロールバッグデザインの良さもさることながら

丈夫で強靭な作りにして、そこそこ軽量に仕上げられているのに最も感服します。

バッグというのは荷物を持つためのツールなわけで、

そんな荷物外であるべきバッグ自体が重たい、なんていうのは本当に勿体無い、避けたい。


自分あたり、十何年前に買ったギターのギグケースがあるのですが、

古典ヅラなそれに惹かれて即買いしてしまいましたが、

歳をとった今、こういうのは軽いに越したことがないな、ってつくづく思います。

(っていいながら十何年使い続けてたりして。それだけ丈夫ではあったでしょうが、お客さんにこれを提供したいとは思わない。。)


前回先に入荷していたAUタイプAタウンバッグとの比較でも。

あちらは収納における気の利き方がまず尋常じゃない。

日々使うバッグに対し、そんな使い勝手を望むのならばあちらを推します。

デザインは古典て感じ。


今回のジップロックバッグは、

収納にまつわる小分け感とかはあまり要らないから、とにかくシンプルかつ軽量で丈夫なやつを、

そしてマテリアルはモダンなやつがいいな、なんて方にいいと思います。

何より、アウトドア志向な方には打って付けかと。

コストパフォーマンスも絶対の自信なので、

新年度を迎える今、新たなバッグ探しをされている方は是非チェックしていただけたらと思います。

F/CE. / so far←Click!!!!!


そしてお次はこちら。

これでもか、くらい色々入ってきましたよ!



New arrival!!!!! superNova.

Big shirt jacket Flower jacquard Purple , Paisley jacquard Navy












大変美しいジャカードのフラワー/ペイズリーファブリックが魅力のシャツ。

キュブラを使ったしなやかで高貴さを感じる素材です。

それをスーパーノヴァ得意の緩いシルエットで仕上げています。

コーディネイトの主役をこのシャツに任せ、

印象付けはこれを羽織るだけ。

他は小ざっぱり。

これからの季節はそんなコーディネイトが良いのでは?

とはいえ秋冬にも使えるので、もっと遊びを効かせたコーディネイトの楽しみだってしっかり後に待っています。

クロゼットにはきっとこちらとカブるアイテムも少ないはず。

是非取り込んであげてください!


Big shirt jacket Tercel stripe Enji , Black












色味がかなりクールなモデル。

コットン×テンセルファブリック。

適度にガシッと、適度に緩み、

そんな使いやすそうな良ファブリックです。

先ほどのジャカードシリーズ同様、

柄のインパクトが最高なので

やはりこれを主役にしたコーディネイトが格好良さそう。

合わせるボトムは色が濃くても薄くても良さげです。

日々気軽にサラッと羽織ってください!


Square bottom S/S Shirt Check Enji,Navy,Yellow,Blue Satten Black/Camel



















ちょっと仙台では季節が早いかもですけど、我慢出来ないので出しちゃいます。

個人的には、展示会で見たときに凄く「山口くんらしいな」って思ったモデルでした。

モデルというよりも彼が選んだそのチェック柄でしょうか?

純で潔いほどのアメリカンカジュアルさ。

ネペ出身の素性が隠し切れない感じ、そこを感じちゃいました。

現代人に喜ばれそうな加減とでも言えばいいのか、

もっともっと現代(いま)にベタなチェックも選べたと思うんです。

でもここ、みたいな。

僕から言わせればむしろそれが(先っちょ)っぽく感じるし、センスいいって思います。

こうなったらボトムはデニムでもトラウザーでも短いのでも、

なんでもいけてしまうでしょう。

それはサテンのストライプも同じで。

これを着てこれからの眩しい季節を肌、そして行動で体感。

素晴らしい。

遊びに旅行に街に山に海に。

全方位で着てあげてください!


ここからはボトムシリーズ。

Utility trouser Stretch Linen Brown , Black












ヌケた加減が絶妙なトラウザー。

そのヌケ加減印象は、シルエットだけでなくこのリネンレーヨンファブリックの恩恵が大きいのかもしれません。

渇き過ぎずも乾いているとでもいうのか、

リネンとレーヨンの互いの良さを併せ持つ強み。

カジュアルさと可憐さの共存。

これからの季節頼りになること間違いなし!

それは試着で体感してみてください!


最後はこちら。

Zip trouser Gabardine Black












こういうの、欲しかったよ!なトラウザー。

ほんの少しだけ細身のシルエットである理由は、きっと裾のジッブ遊びを楽しむためかなと思います。

そう、早い方はチャレンジしたい裾フレア加減。

足が長く見える効果もついでに手に入ったり。

いや、そんなことよりこのジップを開いた遊びを徹底的に楽しんでもらいたい。

ソックスであれ、フレア加減であれ、開放感であれ。

そんなそれらをコーディネイト毎に操って履いて欲しいです。

ポリレーヨンのトロみある質感と丈夫さも嬉しい限り。

革靴、スニーカー、サンダル、ビーサン、なんでもOK。

即、手に入れて即、コーディネイト戦力にしてあげてください!

superNova.←Click!!!!!


この通り、このところ入荷ラッシュの*RockyRaccoon。

たんしい内容の店内となってますので

明日からの週末、

お時間が許される方は是非遊びに来てくださいね!


話変わって

先日、他店の仲間の紹介で出会った現在高校三年生っていう男の子が来てくれた。

厳密にはその日で2回目。

1回目は緊張もあってかあまり長く話せなかったけど、

(特にその時は言葉要らずでノリなものを選んで買ってくれたから、、)

ファッションへの気持ちはヒシヒシと感じれてとても記憶に残ったんですね。

「紹介で来てくれた1回目だったけど、ああいう子、是非また来てくれたらいいな。」

なんて思いました。

そしたらあまり間髪入れることなくまた来てくれて。

その時は空気や状況も馴染んで、少しだけ長く話せました。

とあるシャツを選んで買ってくれたんだけど、

僕は相手が若いだけに、少しでも不安を拭い去ってあげたくて

品に自信があったから主に質とコスパの説明を丹念にした。

既に彼のオリジナルセンスで抜いた後の補足程度だったから尚。

でも、その後買うと決めてくれながらも、彼の頭にある「?」が透けて見えた笑


レジ時に、オッさんとしてそれくらいの年齢の人のファッションにまつわる頭の中とは?みたいな興味がいっぱいあっちゃって、

たくさん質問攻めしちゃったな、、。

凄く新鮮だった。

というか、忘れてしまっていた何かを思い出させてもくれた。

さっきの「?」の意味だよね。


先日14周年ごとの時に書いた気持ちの文章。

そこに欠けていたもの、とでもいうのかな。

お客さまへ提供すべきものは

必ずしも自分のオール納得ザルをクリアしたものにだけ限定すべきではない、を学んだ、思い出した。


誤解はして欲しくない。

店の展開をパズルに例えたならば、その中の数パーセントのピース部分。

*あくまでうちはセレクトショップ、その中の数商品、という感じってこと。


印象が全て、という角度だ。

僕自身にも、当たり前だけど若い時があった。

その時に選んだ服があった。

その時の自身のスキルってどんなもんだっただろう?

きっと自分なりに精一杯その時持ち合わせたスキルをブツけてはいただろうけど、

そんなことよりもきっと「格好良い」と思うことが一番の欲しいと決めれる選択理由だった気がする。

でも今の自分はどうだ?

経験というエロさが毎回災いし、外見だけでシンプルに選ぶ純粋は

もしかすると既に磨り減って無くなっていたかもしれない。

むしろそれを無くそうと努力したほどだったかもしれない。


いや、実際は無くなってはいないんだよ。

そこはプライス次第。

特に提供する立場の時の自分ならば。

自分用ならいつでも楽勝で素人に戻れる。


見た目に対し、そこへ質とプライスを照らし合わせしすぎると、

大事な初期衝動は失われがち。

格好良い、っていうそれを素直に認めれなかったりする時がある。


でもそれは当たり前に人によって違うのだと思った、

思い出した。

ハッとしました。


初期衝動の「格好良い!」はほぼ大概カッコいい。

その外見が本物の力で溢れているのであれば、それはアリなのだ。

質とかプライス度外視、

作りはキッズ仕事でも、デザインの勝利ならそれはありにしなきゃだろう。

当たり前のことかもしれない。


いつぞやから

日々の出会いとは時に全て運命であり、神様からの暗示と捉える様にすらしている。

これだけ人で溢れている世の中のもと、

誰かと出会うそれというのは

絶対にスペシャルなことであり

だからこそ常に何らかの意味を持つのでは?の解釈で過ごしている。

少なからず、彼との出会いは僕にさっき話したそれをくれた。


2回来てくれて2回とも買い物をしてくれた。

彼にはまだ洋服買い物エロ心がないから、

必要そうな分だけ、僕は必ず彼へそのエロさを伝える。

その現時点で最高の武器である「無垢」を汚さない程度のエロさを伝える。

僕がもし彼の年齢に戻れた時、そんな自分に教えるレベルを想像して、それを伝える。

くれたそれはこれでpayしようと思っている。


Tくん、勝手だけど、長い付き合いになりそうだな。

また来いよ!。


*RockyRaccoon


*RockyRaccoonTwitter←Click!!!!!

*RockyRaccoonInstagram←Click!!!!!

| http://rockyraccoon.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=926 |
| *NEWS | 04:48 PM | comments (x) | trackback (x) |
3月25日で14周年
本来は昨日のうちにブログをあげる予定だったのですが、、

昨日は店頭の忙しさに加え、残業にてオーダー仕事なども抱えていて。

流石に疲れきって書けませんでした。

閉店21時半、、

実は朝からコーヒー以外何も口にしていないという悲劇も手伝い。

なかなかな1日でした。

本当にごめんなさい!

とはいえ、お祝いがてら来店してくださる方などもいて有り難かったです。

本当にありがとうございました。

序盤は春休みも始まって若い方々のラッシュ。

以降は常連さんや久々な方々のご来店等、本当に色々。

感謝しかないです。


先日、イチローさんが引退されました。

野球が好きなので、試合を仕事明けにて途中からと

あの会見と全て生で見ました。

イチローさんとは孤高な存在ながら、歳が近いのもあって凄く共鳴する節があの会見にてたくさんありました。

デビュー以降、序盤から暫くは自分のためにプレーすることに徹し、

やがてのいずれは観客を喜ばせるプレーなどに意識が向いていった、という様なお話をされていました。

凄く分かるんですよね、そこが。


洋服屋なんてスポーツでもなければ僕自身アスリートでもありませんが、

お客さまに対し、という点や、あわよくばのエンターテインメント性では

姿勢として似た様な気持ちで挑んでいるつもりです。


好きだから始まり、好きだから仕事とし、好きだから今まで続けられた、

も一緒。

でも、好きだから、でやっていられるほど、楽なものではない。

好きだからこそ、自分自身が思い描く高みををその場その場で目指すだけに

時にうまくいかないし、時に壁にぶち当たるし、時に投げ出してしまった方が楽だと思うことなんて

それが貯金ならば既に俺は億万長者になれてただろう、というくらいあったし、今もある。


子供の頃や若い頃は、全てがシンプルだった。

それが好きならば、好きってだけの単純なそれ一つ、一方向だった。

でも、いずれそれを仕事とした時点で、何かが変わっていく。

好き、は簡単に変わったりはしない。

でもそれを仕事とする、ということとは

「相手」あっての全てになるので、

分かってもらったり感じてもらったりすることがプラスされる。

言葉にすればこんなに簡単けれど、これは本当に大変で難しい。


若かったから、最初はただただ自分を出し切ることに徹底していた。

というか、それしか手段を持ち合わせていなかったんだろう。

でもいずれ、それが慣れなのか覚えてきたウデなのか分からないが、

共有する、って言葉に近い様な何かに向かったりもした。

そして更にいずれは、昔の様に自分を剥き出しにしながらも、人とも共有出来る様に、を考え行動した。


一つだけ自信を持って言えることは、

バイヤーなりお店のディレクションをこれまでしてきた中で、

一度たりとも完全に需要様に合わせた仕事をしたことはなかったと思う。

いや、違うか。

以前勤めていたところで、自分が顔ではないお店のバイイングをしていた時、

その短期間の一度だけ、お客さんやそのお店にのみ自分を合わせたことがあった。

2店舗にてアウター1型パーカラーサイズで数百着、なんて仕事もあった。

その仕事は迫力だけはあったが、僕ではなかった。


時に、この仕事のことをよく思い出す。

コストパフォーマンスに長けたものを探したり作るそれ、

実は自分の得意としている仕事だったりする。

でも、そのコストパフォーマンスっていうものに、平均や常識の数値なんて無いと思っている。

ありはするのだが、そここそいろんな考え方をした「相手あっての」話だからだ。

この作りとデザインのパンツやシャツを巷平均で上代3万するところ2万円で作れたとしても

人によっては2万円のシャツ/パンツなんてそもそも高い、となる現実も相手している。

当たり前だ。

一生、僕は2万円って価値をナメたりすることはない。

ならばどうだろう?

2万円するべきパンツを1万円で出せれば、と発想するかもだけど

そうなるとさっきの2万円のモノより、恥ずかしくなるほど質が下がる。

(そこへ更にブランドバリューを加えたのであれば、、言うまでもない)

それが洋服。

その差が驚くほど広いのだ。


僕はこの後の一生、後者を選ぶことはないと思う。

それは自らの格好つけたエゴなんかではない。

提供する、お金を払っていただく皆さんに失礼だから、だよ。

そこへは相当エゴイストです。

そのエゴを貫く気が無くなった時、僕はこの仕事を辞めると思う。


更に更に難しいのは、

僕は時にチャチいものも好きだ、ということ。

チャチいからこそ格好良かったり、チャチくなくては格好悪いものがある。

チャチい格好良さの演出に拘り過ぎたが故、チャチいのに値段やコストがチャチくない、とかもある。


そして

高いけど

圧倒的で、ドキドキ出来て、安心出来て、なんてものも当たり前に並べている。


そんなそれぞれを一つの小さな箱に並べ表現する。

何よりそれでビジネスし、ご飯を食べる。

こうして書いていても頭が痛くなる。

僕はそれをずっと続けてきた。


このご時世ながら、洋服屋としてネットは時に邪魔だと思う。

「本物」が正しく伝わりにくいから。

写真なんてもってのほかであって、

説明等の活字にしたって大した意味はないと思っている。

得るのにも、伝えるのにも限界がある、っていう意味。


でも昨今のその流れに対する現実とはどうだろう?

鵜呑みにされ過ぎてやいないか?

所詮タダである信頼性すら薄い情報ってそれを可愛いくらいにサラッと信じ、

情報レベルで終わらせず、

もはや簡単に現実と直結させ修めてやいないか?

そんな情報に直接お金を落とせ過ぎてはいないか?

イコール、

閲覧している自らの「知るという実経験の階段」や「センス」や「オリジナリティ」っていう、折角の一番贅沢で大事なそれらを実は端折っていないか?

それじゃあ何も育たないよ、

それでは形だけ前に進んでいるだけで、

大事な何かは磨かれてもいなければ、あわよくば試してすらいないのかもしれない、と思えたりもする。


真の情報というのは大概現場にあります。

スマホやPCにて得るべき情報は、点までで終えるべきであり

線にするのは/出来るのは現場であるべきかと思います。


ウチのお店あるある。

事前にネットで商品ラインナップをチェックしてくださっていて、何らかの目的を定めてご来店。

折角来たから他のアイテムもチェック。

予定外想定外発生、結局予定と違うものを買う。


これっていけないことなんですかね?

僕はむしろ正しいと思う。

良かったね!って思う。

だってそうでしょう?

言っている通り、元の予定とは情報レベルからの準備段階でしかなかったんですよ。

現物を目の当たりにしていない時点で組んだあくまで予定。

何より、限られたキャパで圧倒的現実感の無い範疇で行き着いているそれ。

盛り上がると意外にそればかりになってしまって、他をパトロールすることが疎かになったりもするはず。

で、店頭にきてその「直接訪れた機会」という余裕をもって全てをチェック。

するとネットチェック済みであれ、見たことないであれ、想像を超えた正直でリアルな何かと出会えたりする。

それは紛れもない、皆さんの無垢なセンスで選ばれたものなのです。

この場合、そんな予定が狂うことを間違いっていう括りにしてはいけないと思うんです。

明日黒いパンツが必要なのに、黄色いシャツを買っていくことは間違いかもしれませんが笑。


そして何よりは、現実に「人」を出来るだけ直接感じるべきと思います。


パッと漁った情報、

そのネットの奥の人なんて、感じもしなければ感じようともしてないでしょう、大半が。


お店を大事にしたいですね。

って思っています。

リアルって贅沢だからね。

遠くてなかなか来れない人も、時には出来るだけ頑張って来てください。

そんなときは僕も出来るだけ頑張ってその努力を無駄にしないように心掛けます。

そのリアルの果ての通販とかならば、

ただただ通販よりは遥かに安心出来、線にしやすいはず。

って思います。


こんな話し方が、14周年を迎えた僕の大半であり、クドいけどまだまだほんの幾らかです。

失礼だったり、悪い意味なんかでは絶対ない上で、

変わらずの相変わらずのでこれからもいきます。


洋服やファッションとは

移りゆくだったり変わっていく

もあれば

停滞や回帰

も外せないと思う。

先のことや新しいことにばかり意識が向き過ぎても違うと思うし、

むしろそれがダサいとすら感じる今日この頃。

牽引性とは、最新が全てではない、とも思っている。

ネタは同じでも、アプローチで新しくさせることだって出来る。

もはや知ってた/経験済みと思っていたはずの何かを、実はもっと深くてもっとヤバいんですよ、と伝えることだってまだまだ出来ると思ってもいる。(この件はいずれの展開で披露する予定です)


今後僕がやっていくことは

皆さんにとってきっと「思う」ことや「考える」ことが大事になっていくと思う。

活字にすると堅苦しく映るだろうけど、小難しいものではないですよ。

「これを着ると俺は更に格好良く映るだろうな」

「これを着ていくときはあそこへ行く時だとメチャハマるだろうな」

「これを格好良いと思うのって、仲間うちでは俺くらいだろうな。そりゃあ誰も理解してくれねーよな」

「これを暫く着ていくと、この服はもっとこういう表情になってくだろうな」

「これを洗うときは、こうすると持ちも良く且つカッコよく仕上がるだろうな」

そんな感じ。


で、最終的にはこうなって欲しいんです。

「これ着たところで、目の前なんて何も変わりはしねーけど、格好良いから別にいいや。うん。そこどーでもいい。俺が好きゃそれでいい。気分が良くなりゃそれでいい。」


体の動きは鈍くなってきてますが、生活の都合上、僕はまだ引退出来ません。

で、来年は15周年です。

来年までしっかりやれているのなら、来年はキリも良いのでいろいろスペシャルやります。

だから来年もやらせてね、皆さん。

それは今年も買い物に来てね、ってことですよ。

皆さんありがとう!

これからもよろしくお願いします!


*RockyRaccoon


*RockyRaccoonTwitter←Click!!!!!

*RockyRaccoonInstagram←Click!!!!!

| http://rockyraccoon.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=925 |
| *NEWS | 02:21 PM | comments (x) | trackback (x) |
今日は細かくがっつり入荷のお話 
ここ数日のお天道様は意地悪ですね、、。

仙台なんて昨日の日中小雪がちらつきました。

つい先日まで春を感じさせたかと思えばこれ。

せっかく蕾まできた桜が驚いて縮こまらなきゃいいんですけど・・・。

日本人としてやっぱり桜の開花は楽しみでしかない!

他の草花も一緒。

春の通勤を前向きにしてくれる。

自然の無償の優しさ。

だからこそお天道様、そろそろ意地悪やめてください笑。

とはいえまだ3月24日。

そうそう、思い出した。

なんと明日で当店は開店14周年を迎えたりします。

数字のキリも良くないので特にこれといったイベントもしませんが、

思い出されるのは14年前の3月25日、

その日は積もるまではいかないにしても、すごく寒くて吹雪いていました。

そんな天候もあって、オープンながら店内はチーンと静まり返る時間も多く、

身体も心も寒かったのは今や良い思い出。

そうなんです、3月下旬はもともとまだまだ寒いんです。

(と、思っていた方がいい)

東北歴も相当長くなったはずの自分ですが、相変わらずこの冬から春への移り変わりタイミングに馴染めない気がします。

でももう春はすぐそこ!

コーディネイトや店頭アイテムも含めて、それらで楽しく過ごせていただけたら嬉しいです。


それではまずはこちらから。



New arrival!!!!! BURLAP OUTFITTER

SNAP PULL OVER SAND,COYOTE














バーラップの人気モデル、スナッププルオーバーが入荷してきました。

シャツやスウェット的な位置で気軽に気楽に使えるのが人気の理由でしょうか。

買いやすいプライスも嬉しい限り。

今シーズンはサンドとコヨーテカラー。

速乾性にも優れており、且つ、非常に軽いのも特徴。

お出かけ時にバッグの中に忍ばせて、肌寒い時にさらっとかぶるのにも重宝します。

持っていそうで持っていない、ハイテックシェルを用いたプルオーバトップス。

見栄えもシンプルですので、初めての方も是非トライして見てください!


そしてこちらも人気モデルの今期分が入荷してきました。

PERSONAL EFFECT BAG NATURAL DUCK,BLACK DUCK














X-PACを用いたコーディネイトアクセントにもなるパーソナルエフェクトバッグ。

巾着的で可愛いですよね!

その圧倒的に買いやすいプライスは取り入れる勇気の背中を押してくれます。

男女問わず愛されるのも特徴。

プレゼントにも最適です。

持ち方も、紐持ちでも直持ちでも、と雰囲気を使い分けられ、

いわばアクセサリー側面すら併せ持つ重宝さ加減。

新鮮なので是非取り入れて見てください!

BURLAP OUTFITTER←Click!!!!!


そして個人的に待望だったこちら、やっと入荷です。

New arrival!!!!! WALLS

HUNTING S/S POCKET Tee Real tree MAX5

HUNTING L/S POCKET Tee Real tree edge















Wallsと聞いてピンと来る方はファッションベテランでしょうね笑

でもその昔の取り入れ方ではなく、現代はそのゴツい質感とこのプリントを気軽に遊ぶ、

そんな感じでしょうか。

その美しいプリント。

コーディネイトに取り入れることを想像するだけで楽しくなってきませんか?

一枚でドーンはもちろんのこと、

時に裾出し、袖出しで楽しんだり。

イコール一年まるっと使えるんじゃないでしょうか。

質実剛健、タフなボディも売りなWalls。

カジュアルにもハイファッションにも。

気楽ながらもコーディネイト課題として楽しんでみたらいかがでしょうか?

おすすめですよ!

WALLS←Click!!!!!


そして最後はこちら。

個人的にデイリーユースの下着といえばこれなんです。

New arrival!!!!! Military SOFFE

3Pack Tee WHITE,ARMY BROWN,BLACK


















名前の通り、アメリカ軍供給品のTシャツ。

このご時世でMade in USAを保っていたりもしてすごいです。

しばらくSOFEEが供給元ですね。

以前はポリコットン地だったりしていました。

軍モノですから、丈夫さと速乾性が重要視されている訳です。

その頃のモデルはそれはそれで味があり好きでしたが、

誤解を恐れずで僕は今のモデルの方が好きですね。

SOFFE開発のDRI COTTON素材。

現代の軍モノにしてコットン100%で挑まれるそれ、実はすごい技術だと思います。

コットンとは言わずもがな天然繊維ですから、着心地の良さや風合いは良いながらも、

耐久性という意味ではポリ混に及ばないというのが通例。

でもこのDRIは違います。

本当に丈夫。

なかなか伸びたりしません。

洗いが掛かっていない時こそ生地が薄く感じて頼りなげな印象なのですが、

洗ってあげることで度詰感が増し、ガシッとというよりふかっとした柔らかい「下着らしい」感じに仕上がります。

個人的にはその素材のほか、シルエットが好きです。

ヘインズやフルーツなどの定番系も大好物ではありますが、着丈が秋冬では頼りなく感じたりもして。

このモデルはタックイン意識からか少し着丈が長め。

だからこそ洗い明けの縮みを恐れることもなくガシガシ乾燥機へ、なんてのもへっちゃら。

だからこそ当店は縮みも想定してL,XLサイズにて展開しています。

割と普通なサイズに仕上がりますよ。

特に夏場など、店頭にてストックの出し入れ作業に追われている時など、このTシャツ一丁で居る時があります。

そんな中ご来店されるお客様に、「今来ているTシャツってどこのものですか?」とよく聞かれます。

はい、こちらです!

パック売り、そしてバラ売りもしています。

お試しならバラからどうぞ。

最終的には全てに於いてパックがお買い得。

是非お試しくださいね!

SOFFE←Click!!!!!


実はこのブログ、入荷商品情報の他に

イチローさん引退のことも書いたりしてたんです。

でも好きなもんだからついつい長くなってしまって、、

服の説明より長くなっちゃいました笑

明日は開店14周年だったりもするので、

そんな気持ちも併せて別で書き直そうって思っています。


それはそれで見てやるよ、って方は

明日をお楽しみに。


それでは!

*RockyRaccoon


*RockyRaccoonTwitter←Click!!!!!

*RockyRaccoonInstagram←Click!!!!!

| http://rockyraccoon.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=924 |
| *NEWS | 03:35 PM | comments (x) | trackback (x) |
BROWNby2-tacs 2019 Spring/Summer Start Start!!!!!
春分の日の本日。

前日少し夜更かししてしまったのにもかかわらず、翌朝はしっかり起きれました。

昨晩の19時辺りから店頭ではラッシュがあっててんてこ舞い。

皆さん、いろいろお買い上げいただきありがとうございました!

閉店後に仕事も控えていてその後はグッタリ、、。

品出しする気力も残っておらず、その仕事は明日へ回そう、と。

そして本日。

先ほどお話しした通り、そんな予定が頭にあったのもあって、普段より少し早めに家を出る。

と・こ・ろ・が・

今日は春分の日、

お彼岸でもあって、通勤路に数カ所あるお寺周りは大渋滞、、。

ローカルぶって裏道迂回迂回でメイン通りを避けるも、

今度はそんなローカルぶった方々によって大渋滞笑、

結果、車線も多いメイン通りを普通に来た方が早かったかも、なんていうだけの時間を食ってしまいました。

相変わらず1日の予定立てって難しいな、なんてボヤきながらも、お彼岸故の渋滞ならば

この場のマイノリティはむしろ僕の方でしょう、ってことでイライラした気持ちをなだめました。

結果、開店時刻ギリギリに出勤は出来たものの、今日の午前到着予定の荷物を荷受け出来ないというハプニングを招いてしまいました、、。

**現在はもう大丈夫ですよ!

何が届いたかというと、こちらです!

BROWNby2-tacs 2019 Spring/Summer Start Start!!!!!



New arrival!!!!! BROWNby2-tacs MACKINAW Black




ブランドアナウンスはこちら。



ハードマンズ社の高品質なアイリッシュリネンを使い

力強く上品な雰囲気に仕上がった"リネンチノクロス"。

アイリッシュリネンは、しなやかでトロみを持ち

吸水性と速乾性に優れ、サラっとした肌触りが特徴。

それに丈夫でお手入れも簡単なうえ

使い込むほど柔らかさが増していく、多機能な天然繊維です。

生地の表情にネップや飛び込みがありますが

リネン本来のアジとして楽しんでください。


シルエットは肩が落ち、身幅を大きくとった

カバーオールのようなボックスシルエット。 


"COACH"と同じように台襟を配し

襟のたたずまいが品の良さを感じさせます。




フラップ付きのポケットが4つ。



ワークジャケットのディテールを生かし

左胸にペンポケット、腹部にハンドウォーマーを。


少し長めにとった袖には見返しを配しており

"リネンチノクロス"の上品な佇まいに合わせて

裏地は全てコットンキュプラを採用しました。



折り返して着ることも可能です。


本来のマッキノウは、その昔アメリカの森林調査や測量のため

人がまだ足を踏み入れていないような場所へ向かうときに

着用するワークジャケットだったそうです。

そのため、寒くないように厚手のウール地で

深い森に入っても一目でわかるような派手で大きな柄が特徴です。


"MACKINAW"で簡単なDIY作業をしたり

街着なカバーオールとして手ぶらで出掛けたり

キャンプ場で自然を楽しめたら最高だなぁと思います。

上品な"リネンチノクロス"の素材感と

ヘビーデューティーな"マッキノウ"の合理的なディテールを合わせ

自分たちの生活に適した"MACKINAW"に仕上がりました。

パンツやハットも来月に入荷予定なので期待してください。

街に馴染む"MACKINAW"をご試着にいらしてください。

〜以上が2-tacsアナウンス


質感高く、一生物をほのかに匂わせる重厚な雰囲気!

オリジナル系とは対照的といえそうなアイリッシュリネンを採用することで、

一気にモダンであり都会的に映るそれ。

ナイスなファブリックチョイスにセンスを感じます。

そんな当ファブリック、リネン界のロールスロイスなんて異名も持つ老舗ハードマンズ社製。

服好きならそれを聞いただけで触手が伸びちゃいますね!

それはまるでオリジナルに存在しててもおかしくなさそうなほど馴染んでいます。

ブランドアナウンスにもある通り、カバーオールのごとくな立ち位置で気軽に使えたら格好良いと思います。

少し大人な空気すら演出してくれそうな今回の"MACKINAW"モデル。

是非皆さんのワードローブに加えてあげてください!

BROWNby2-tacs←Click!!!!!


それでは!

*RockyRaccoon


*RockyRaccoonTwitter←Click!!!!!

*RockyRaccoonInstagram←Click!!!!!

| http://rockyraccoon.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=923 |
| *NEWS | 01:52 PM | comments (x) | trackback (x) |
本日はNEONSIGNとBEDLAM
今日は良い天気ですねー!

街にも人が多いような気がします。

お散歩日和ですよね、この天気ならば。

そんな中、昨日の告知通り本日入荷がありました!

まずはこちらから



New arrival!!!!! NEON SIGN

CRIP BORDER T-SHIRT L/S BLK








CRIP BORDER POLO BLK








CRIP BORDER SANDWICH T-SHIRT BLK










あまりにも可愛いCRIP BORDERシリーズ。

ロンTとポロとサンドウィッチT。

それぞれ近いようで雰囲気的立ち位置の違う面白さ

袖のバランスに注目。

許されるならこのシリーズを何着か重ねて面白いレイヤードを楽しんだり、、。

ボーダーという柄物だからこそ現れるゴチャつきがアートになりそう。

もちろんそれぞれ単品使いしても十分に存在感を放つそれらだと思います。

都会的な印象のボーダーシリーズ、

是非ワードローブに取り入れてみてください。

生地感も良いですよ!


BRIT BIG POLO HS BWH,BLK














なかなかのビッグボディなポロ。

やはり可愛いワイドめなボーダーが強いアクセント。

そんなインパクトを楽しむ上でも、この季節のうちから着出したい!

上に何かサラっと羽織って、内側からこのボーダーを、そして裾レングスをチラつかせる。

楽しそうです!

このレングスを活かして、緩めにタックインなんかも使いやすそうですね。

デニムなども取り込みやすそうなので、コーディネイトに困ることも少ない。

清潔感ある洒落たポロ、是非楽しんでみてください!


CHESTBAG T-SHIRT ICE,BLK














こちらも可愛い!

まるで子供服にでもありそうなモチーフ。

もはや言葉要らず、見た目が全てです。

印象的なポケット、

無地Tながら、その存在感たるや、です。

素朴なパンツにこれだけで十分。

常識的なTシャツに比べ、相当質感高いガシッとした生地。

春夏だけでなく、やはり秋冬のレイヤードにても楽しんで欲しいです。

今回の3型は全てそんな感じでしょう!

ビビッときた方は是非お試しください!

New arrival!!!!! NEON SIGN←Click!!!!!


続いてBEDLAM。

2019SSが本日よりスタートです!



New arrival!!!!! BEDLAM


SNIPE SHORT SLEEVE TEE WHT,BLK














NOT LISTENING SHORT SLEEVE TEE WHT,GRY










TRIP SHORT SLEEVE POCKET TEE GRY






ASHRAM SHORT SLEEVE TEE BLK






WORLD PEACE SHORT SLEEVE TEE WHT






BEDLAM RIHLAX SHORT SLEEVE TEE WHT






BEDLAM PLANET SHORT SLEEVE TEE WHT










VALUE CAP BLK








TARGET ORIGINAL STRAP CAP BLK








今回のBEDLAM、個人的に好き過ぎちゃって・・・

この通りたくさんのグラフィックを並べちゃいました。

日常使いからリラックスしたい休日に、と

そんなシーンでサラッと着てたら格好良いですね。

カニエウェストもBEDLAMキャップを被ってたり、

NYのストリートを牽引する一人、Eric Elms率いるPowers(LA)でも取り扱いがスタート。

もはやワールドクラスです。(チョイ前からしっかり出てますね)

買いやすさも手伝ってか、BEDLAMを知らない方がパッと買ってくださったりもします。

そういうの、好きです。

もっともっとノリで拡がってくれたらな、って思ってます。

プレゼントにあげても楽しくないですか?

キャップとかもさりげなくしっかり打ってるエンブロイド仕事がイカしてます。

ガンガン被ってくださいね!

BEDLAM←Click!!!!!


今日はこんな感じ。

日中から書き始めたこのブログも、

店頭仕事をこなしながらやってるもので、今は夜です、、。

内容の時系列がおかしかったりしたら許してくださいね。


それでは!


*RockyRaccoon


*RockyRaccoonTwitter←Click!!!!!

*RockyRaccoonInstagram←Click!!!!!

| http://rockyraccoon.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=922 |
| *NEWS | 05:48 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑


shopping | blog | contact | sitemap | link
ロッキーラクーン [ Rocky Raccoon ]   〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町3丁目5番27号 梅屋ビル1F
  e-mail info@rockyraccoon.jp tel/fax 022-214-1441